« 癒されます | トップページ | ビーフシチュー »

手紙

今年読んだ最初の本は「手紙」(東野圭吾著)。
ケンパパがよかったというので読み始めたら丁度渋谷での2件のばらばら殺人のニュースが1日中流れていた時期で本の出だしが殺人を犯したところから始まっていたのでなんか読む気がうせてしばらく読まずにほっておいたらケンパパが殺人は最初だけでその後が本題でいいんだからというので1昨日読み出したら、あっという間に完読。東野さんの本は初めてでしたが大変読みやすい文体でした。最後は涙でした。殺人犯の兄とその弟とそれをとりまく人達の心情描写がよく描けていたと思います。映画になったというのも分かる気がしました。もうDVDになっているのかな?東野さんの本また読んでみたいと思います。

« 癒されます | トップページ | ビーフシチュー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちはぁ 私も読んだよぉ
この本 今は実際の刑務所の中で受刑者の教育に使われているのをTVで見たよ

今はいろんな事件や 子供の事故も多いよね
特に交通事故って気を付けてても 加害者になるか被害者になるかわかんないから
本当に怖い・・・
本人だけじゃなくて家族みんなが辛いよね

「手紙」映画では 弟はミュージシャンじゃなくて漫才師なんだそうな(^^;)ちょっと違う気がするのは私だけでしょうか~

>びまま
こんにちは。ちょい亀レスでごめんね。

>今は実際の刑務所の中で受刑者の教育に
>使われているのをTVで見たよ
そうなんだー
終わりの方の社長さんの言葉を
何回も読み直したよ。
本当に自分だけの問題じゃなくなるものね犯罪って。
皆に迷惑かけるものね。
そうだよね、交通事故、明日は我が身かもしれないし。。。
なぜに漫才師?!
山田君唄下手なのかなー??
うーんあのストーリーからだと
シャープな感じのミュージシャンがよろしいかと。。。。

>びまま
今朝思い出して考えたんだけど
映画ではコメディアンになってたという話。
ひょっとしてイマジンの唄だったからなぁ。
反戦歌になってしまうからかなと思ったりしたのでした。

こんち。
いまごろ、こんなとこに、コメントしても、
気づいてくれるかな。

この本、
なんか、気になって、
読んでみようかなあって、
本屋さんで、すごい悩んで、
結局買わなかったの。
よかったんだね。

活字と、縁遠くなってるこのごろ。
昔は、よく本読んでたんだけどね。

まずは、図書館に、行ってもみることかな。

>やすみさん
はろーおひさーお元気?
コメントサンキュ(^・^)チュッ
気づくよ~

活字も縁遠くなるとご無沙汰ちゃんって
ことになるよね。
読み出すとどしどし読みたくなる。
手紙、情景が浮かんでくる本です。
最後の場面とか勝手に情景を
想像してまた涙です。
うん、図書館へ行くと活字が
近づいてきますぞ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75774/13664814

この記事へのトラックバック一覧です: 手紙:

« 癒されます | トップページ | ビーフシチュー »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

マイブームCD

My Link


最近のトラックバック

無料ブログはココログ